読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガイドブックを買うならココ |

。正月も近かったので年中行事に因んだ作成本を選んだのですが!この本のテーマの一つは「LaQを使ったフレームで!万年カレンダーが出来る」事らしく!これは子どもに理解も難しいかな?と。ラキュー大好きな息子に購入しましたが、娘のほうが気に入りました。

これっ♪

2017年02月20日 ランキング上位商品↑

ガイドブックLaQで作る365日 LaQ公式ガイドブック

詳しくはこちら b y 楽 天

干支や行事のLaQを子どもに作ってもらい飾ろうと思い!色々載ってるこの本を買いました。が!メインのカレンダー製作のほうはあまり意欲はわかないようです。子は色々なカレンダーを作って飾りたいみたいです。ラキューに付属の作り方だけではもの足らずに、6歳になる息子に試しに購入。作り方がいっぱい載っているのでおすすめです。カレンダーを作れる本です。一度店舗でパラパラっと見た時に!子が「これが欲しい!」と言っていたのでポイント購入しました。去年の子供の誕生日に買ってもらったのですが!眠っているので。息子がLaQにハマり出しましたが、新しいセットを買ってくれと言う前に先手を打ちました。6歳の子供は十二支や星座のページを凝視して、なんとか予測しながら作っています。もう少し作り方も載っていて欲しかったです。早速作ってみて楽しんでいるようです。内容的に!小さな作品が多く女の子向けです。掲載されているのは季節イベント物のラキューです。バッチリです。画像は8月の作例でカブトムシ。子どもが喜んで見ながら作ってます。簡単な物から!難しい物まであるようで長く楽しめそうです。レベル的には簡単だと思いますが!一年通して使えるのはいいと思います。喜んで一人黙々とつくってました!写真だけのものも多く!もっと詳しく作り方をのせてほしかったです。子供がラキュー作りが好きなので、もっと楽しめたら、と思い購入しました。まだそんなに中身を見たわけではないですが、飽きがこず楽しめそうです。これを見て一緒に始めようかなと思います。5歳の息子が毎日毎日食い入るように見ています。作れる物はちゃんと説明されているのですが!写真だけあってセットの説明書に依存する作例が幾つもあり「作りたい〜」の要望に応えられないのがマイナス点。なので「LaQの超大作が作りたいんだ!」という人には不向きかも。カレンダーの装飾品の図解ばかりです。実店舗で見ていたLaQ本より発行年月が新しかったので!購入を決めました。「つくれるLaQ」シリーズのほうが良かったです…。いろいろな季節系のものが作れると思って購入しましたが!カレンダーありきの作品が主でした。